お見合いは、申し込んでくれた人と出会うことで「相応しい相手」を知ろう

   

縁結びのハート

 

仲人士 唐崎惠子
同じようなことは何度か言ってきましたが、やはり何度も言っちゃうようなところが大事なところなので、今回も同じようなことを一つ書いてみますね。

お見合いでは申し込まれたら会いましょう。

 

申し込んでくれた様々な人と出会うことで、あなたにとっての居心地の良さ、今まで感じたことのない新しい気持ちに出会うかもしれません。

申し込まれるということは、相手があなたのことを「自分にとって相応しい人」と思ってくれた証拠です。

お見合いでは「自分が出会える相応な相手」を見つける、条件を知る、そういうことが最初のうちとても難しいんです。

「申し込む」ときはみんな一緒で、条件をたっぷりと盛り込んでお相手を検索します。

だからこそ、最初のうちは申し込みをたくさんしても出会えないんです。

そんなとき、お相手からお見合いの申し込みがあったら迷わず会うようにしましょう。相手も条件をたっぷり盛り込んで検索したかもしれません。または、そんな条件たっぷりの検索ではお見合いができないと理解して自分にとっての相応な人を検索したのかもしれません。
そういう様々な人からの申し込みは、あなたのことを「自分にとって相応しい人」と思ってくれた証なのです。

だからこそ一度会ってみましょう。

 

お相手から自分を知ることが大事

 

大事なのはどんな人でも申し込まれたら会ってみる、そうしてお見合いの回数を増やして自分に相応な人の条件等を知っていくことです。
そして、申し込んでくれた人とお見合いをする中で自分の婚活にとって「相応しい条件・人」というものを知っていきましょう

そうすることであなたの婚活がより現実味を帯びたものになってきます。そうして自分と会ってくれる人の収入や年齢、学歴など、相応な条件を知ることで出会いの数も増え、自分から申し込むこともスムーズになってきます。本格的な婚活の始まりです!出会いが増えれば、いろんな人と「相性」も計れます。

相応しい相手を知る。

これが夢見る婚活ではなく、現実世界で婚活するためのスタートラインになります。
出会いの機会を多く持つためにも申し込まれたら会う、そして相応しい人と条件を知りましょう。

 

みんな頑張ろうっ!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

 

 

 - 婚活アドバイス