自分を好きになれないと婚活は長続きしない

      2016/09/26

手に描いたハート

お見合いは自己を否定する場ではありません。
自己を肯定する、好きになる場です。自分を肯定、認めることができずに自己アピールはできないでしょう。

「自分を好きになる」

よく聞く言葉ですが、この言葉が原点のように思います。
自分を評価する際の線引きは、結果として相手を評価する際の線引きにも影響します。
自身の将来に対する不安は、相手に将来の安定性を求め、自身の嫌いなところは全て、相手の中にも探そうと必死になります。
お見合いはお相手を「同じ人間」として受けとめる場所です。「嫌い探し」ではなく、「好き探し」をしましょう。

そのためにも自分を見つめ、認め、好きになりましょう。
自分のことが好きになれれば余裕ができます。余裕が出来れば相手の良いところにも目が届きます。自分のことが好きになれない人は自分のことで心の中も手一杯。相手のことを考える余裕は生まれません。

 

習慣と環境

婚活を楽しみながら続けていくなら、自分を好きになることから。そのために習慣と環境を良くしていきましょう。
朝の早起き、食事をしっかり摂る、休日はしっかりリフレッシュする、規則正しい明朗な生活を送ることから始めてみましょう。
習慣を少しずつ変えることができれば、それに合わせて少しずつ環境も変わってきます。
よく聞く言葉の「引き寄せ」は、習慣と環境の変化、自己肯定から始まります。寄ってくるのではなく、自分で引き寄せることが「引き寄せ」の第一歩です。

何かを変えようと努力している自分を肯定し好きになりましょう。そして婚活にまっすぐ向き合いましょう。

婚活を頑張れない、楽しめない一番の理由は「自分の中」にありますよ。

 

 - 幸せな結婚のための心がけ