1年以内に結婚したい人はアピールについて考えてみよう

      2016/10/07

プロフィールと書かれたブロック

 

 

お見合い婚活での「人の価値」って一体どういうものなのか?
お見合い婚活に限って言えば、

  • お見合いをたくさん申し込まれる人は「価値の高い人」相手からの申し込みが少ない人は「価値の低い人」
  • いろんなひとに申し込む人は「価値の高い人」偏った条件でばかり申し込む人は「価値の低い人」

  • 申し込まれたらどんどんお見合いする人は「価値の高い人」申し込まれてもなかなかお見合いしない人は「価値の低い人」

つまり

  • 申し込みが多いってことはいろんな人に見てもらえてる、ということは結婚への近道。だから「価値が高い」
  • いろんな人に申し込むってことはいろんな人に見てもらえる、ということは結婚への近道。だから「価値が高い」

  • お見合いをたくさん受けるってことはプロフィールに載っていない「その人の良さ」を探す姿勢がある、ということは結婚への近道。だから「価値が高い」


それらの逆をいく人は「価値が低い」

 

婚活での価値基準は「相手にアピールできているか、それを見てもらえているか」です。
「私は理想の王子様を探してるのっ!こだわりは捨てないわっ!」ていう人もいます。婚活のやり方は自由です。とことん理想を追いかけるのも婚活の一つの在り方です。

でも、「早く結婚したい」「1年以内にはなんとかしたい」そう思う男女はこれから書くことを是非参考にしてみてください。男女ですよ、男性だけでも女性だけでもない、両方ですよ。、、、男女みんな参考にしてねっ!若かろうが年取ってようが関係ないよ、婚活しようと思ってるみんなやでっ!

ガッツポーズの男性

ガッツポーズの女性

 

会えるよう、アピールしてる?

 

住むお家探してる時は不動産情報見るよね?婚活もいっしょ。
家賃の手頃さ、間取り、交通アクセス諸々、いろんな条件見て自分に合った家を探します。お見合いの条件もそれといっしょのようなもの。

みんなに覗きにきてもらえるような家は借り手がすぐに見つかります。お見合いで言えば、「条件が優しいとたくさんの人に興味を持ってもらえる、見てもらえる」ってことですね。

たくさんの人に自分のプロフィールや条件を見てもらえて申込みがいっぱいくるなら、その中には気になる人や素敵な人がいるかもしれません。

仲人士 唐崎惠子
まずは「あなた」というお家の内覧会へたくさんの人に来てもらわないとね♪
「お家と人」「男と女」、お互いをつなげるポイントは「出会いの機会は自らすすんで持ちましょう」です。

 

 

住んでみないと分からない→交際しよう

 

お家探しだったら借り手が契約、住み始めて完了っ。
だけど、婚活の場合は住み始めてそのお家のお気に入りを探すのが「お付き合い」にあたります。
お家だったら「風通しがいいな~」とか「朝日が入るんだ~」とかね。お付き合いなら「気が利くな~」とか「家庭的なんだな~」とか。

仲人士 唐崎惠子
本当の良いところ、好きになれるところは付き合ってみないと分かりません。お見合いの短い時間の中で全部は分かるはずもないからね

お見合いには付き合ってみないと分からない、そんな部分を見る時間がちゃんとあります。だから、お見合いしたらもう一度会えるよう「交際希望」を出してみましょう。

【「いいな」と思ってお見合いした】なら、お見合いの内容に関わらずまずはもう一度会えるよう交際希望を出してみるといいですよ。

仲人士 唐崎惠子
お付き合いしてみて「やっぱりちょっと、、、」ていう時は仲人が相手側の仲人にお断りを伝えてあげます。
安心して交際希望を出してみなさい♪まずはお付き合いをしてみなさい♪
それが結婚への一番の近道やよ♪

 

 

貴方のアピールは貴方自身がするもの

 

お家を乗せる女性の手

たくさんの人にプロフィールを見てもらえるかどうかを決めているのは貴方自身。申し込む人数を決めているのも貴方自身。貴方にたくさんの相手と向き合う準備が出来れば、気になる人、運命の人に出会えるかもしれません。

見てもらえなければ、申し込まれなければ、申し込むことができなければ、受けることができなければ、もう一度会う好奇心が持てなければ、婚活も何もありません。

仲人士 唐崎惠子
たくさん出会えれば、その分チャンスが増えることを意識してね。その中にあなただけの素敵な王子様お姫様がいるのですから♪

「からか結婚塾」は誰だって婚活にチャレンジしてほしいと思っています。いつだって問い合わせ・質問して下さい。
結婚に向けてちょっと勇気がもてたら「からか結婚塾」はその勇気を後押しします。

 

 

 

 - 婚活アドバイス